幼い頃は大人への憧れであって、大人になってからは心強い味方になってくれるコスメについての話

ずっと女性のそばにいるコスメ
ずっと女性のそばにいるコスメ

ずっと女性のそばにいるコスメ

三人兄弟の中で末っ子として生まれた私は、六つ上の姉がいつも憧れでした。私が、小学校高学年の時にはすでに高校生の姉は、もちろんオシャレをしていてメイクもしていました。その為、同級生の中でもいち早くオシャレに目覚めた私は、少ないお小遣いでコスメを買ったりしては試して、少しでも姉に近づこうと努力をしていたのを覚えています。けれど、子供の化粧というものはどうしてあんなにも下手になってしまうのでしょうか。しかも、その事実に気づかずに生活してしまうという所が一番つらい事です。ですが、中学生になれば自然と「なんだか自分変だ」と気づき、化粧から離れていきました。

しかし、高校生になってまた化粧は自分の身近な存在になりました。だからと言って、メイクの腕が上がったわけではなく、色々なコスメを買っては失敗し「なんだか、顔全体が白いよ」と、男子から指摘を受けた時は恥ずかしくて、今すぐに落としたい衝動にかられた時もありました。今私は24歳。数々の失敗を経て今では、自分に合ったメイク方法や、お気に入りのコスメグッズを見つける事も出来て、幼い頃や高校生の頃のような失敗はなくなりました。メイクに関してのこれからの目標は「年齢にあったメイク方法を見つける」です。今のメイクが確立されてから、あまり冒険をしなくなったのでこのままいつまでも同じメイクをしていくわけにはいきません。その年齢、服装に合ったものをみつけていきたいです。女性の綺麗になりたいという思いは、年齢に関係なくいつの時も、いくつになってもテーマであって、憧れであり続けるんだなぁと改めて思いました。

そして何より、100円ショップのコスメとあれば、値段も手ごろですし、手軽にお試し感覚で利用できることが最大の魅力です。買って使ってみて、あわないなと思ったら次のものを試してみれば良いのです。100円ならば何度かお試しで購入しても、ブランド物のコスメ1つ買うよりも手軽です。また、種類も豊富なため、コスメの全身コーディネーションも不可能ではありません。このように、100円コスメには様々な魅力があります。
Copyright (C)2016ずっと女性のそばにいるコスメ.All rights reserved.